春霞塾 | ウメダ、梅にまつわる謎の巻
15587
post-template-default,single,single-post,postid-15587,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,paspartu_enabled,qode-theme-ver-10.0.1,qode-theme-shunkajyuku,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.4,vc_responsive
 

ウメダ、梅にまつわる謎の巻

ウメダ、梅にまつわる謎の巻

観梅スポットがなんと、大阪のど真ん中にあります。大阪城公園?大阪天満宮?そこもきれいですが、阪急梅田駅下車すぐの茶屋町。今見頃です!

おすすめ観梅スポットとは大阪の中心部、梅田茶屋町に御鎮座する学問と縁結びの氏神さま、綱敷天神社御旅社(つなしきてんじんしゃおたびしゃ)。梅田とは元々埋田であったといわれているのは有名な話ですが、

ここ茶屋町は江戸時代には大阪有数の行楽地として有名でした。明治初年頃までは一面の田園風景で「菜の花や月は東に日は西に」と与謝蕪村が詠んだように、一面菜の花畑の風景が広がっていたようです。

菅原道眞が太宰府へと左遷された際に、この梅田の地で今を盛りと咲いていた紅梅に目を留められ、それをご覧になるため、乗ってこられた船の艫綱を円く円座状に敷いて観梅をされたそうです。そう、この場所は菅原道真の時代から観梅の名所であったのです。ちなみに御旅社とは、神様の別荘のようなもので、御本社の神様のご旅行の際お立ち寄りになられるところ。この神社は特別に普段の時にも神様がおられる御旅社だということです。神様って、じゃ何人いるんだろ。
この観梅スポットのおすすめは、境内への急な階段を上がると、なんとこの、もう一つ神社があることです。玉姫稲荷神社です。女性の守り神として慕われ、同時に商売の神様でもあります。
オフィスにお立ち寄りの際には、ぜひこちらでお参りをしてきてください。菅原道眞も愛でた紅梅。見頃は関西でも少し早めだと感じますが、観梅だけでなく、学問と女性の守り神様にご挨拶!一挙三徳とはこのことです。