春霞塾 | はあちゃん、エミレーツ航空のCAになるってよ!
16880
post-template-default,single,single-post,postid-16880,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,paspartu_enabled,qode-theme-ver-10.0.1,qode-theme-shunkajyuku,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.4,vc_responsive
 

はあちゃん、エミレーツ航空のCAになるってよ!

はあちゃん、エミレーツ航空のCAになるってよ!

高1の頃から7年間、そばでずっと成長を見守っていた大学4年生のはあちゃん、外資系エアラインのエミレーツ航空とキャセイパシフィック航空の内定が決まりました。エミレーツ航空の採用は不定期。7,200人の中からたった2人の新卒採用です。強運は実力のうちです!夢だったエミレーツ航空のオファーを受け、11月からトレーニングにドバイに向かいます。

純ジャパなのに、日本語よりも英語が得意。明るくて、正直で、何よりも愛らしくて、塾の生徒もご保護者のみなさんも、みんな彼女が大好きでした。彼女の良さは貫くこと。狭い日本社会の中で太陽のように明るいはあちゃんは「自分らしさ」を疎まれたこともありましたが、バシバシ古いしがらみは切って捨てていきました。とうとう日本の企業は彼女に棄てられてしまったのです。

私が学校を辞めて独りで塾を起業したのは、人生最大の挑戦でした。迷う日もしんどい日もあったけど、イギリス留学から帰ってきた彼女は、私が開業したことを正しいと断言してれました。そう、学校で働いていたら、私は彼女の就職活動を見守ることもできなかったでしょう。ふらふらしてしまう私を叱ってくれたのは、はあちゃん。この決断は正しかった!初めてそう思いました。

6年半前「私はCAになります」という言葉を聞いた時から、ずっと彼女の今日を信じてきました。疑ったことも、無理だと思ったことも、一度もありません。
お母さんが産み、ご家族全員で育て、私のような立場の者がずっと応援し続ける。そうやって、初めて人は育ち、今度はその人が次の代を育てていく。

人を育てるということは、とても大きな大きな事業でした。春霞塾は自分の夢と使命から「逃げない人」を育てる塾です。

最終面接はドバイと役員とオンライン面接。1時間もフカボリされ、タフさが要求されました。