春霞塾 | ディベート大会「春霞の乱」終了しました
16394
post-template-default,single,single-post,postid-16394,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,paspartu_enabled,qode-theme-ver-10.0.1,qode-theme-shunkajyuku,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive
 

ディベート大会「春霞の乱」終了しました

ディベート大会「春霞の乱」終了しました

ディベート大会「春霞の乱」終了しました。2018年春大会、今回の論題は「高校生の部活動を禁止する」。付帯文は「希望者については学校が紹介するクラブチームを紹介するものとする」としました。大学1年生、高校3年生、2年生の8人のディベーターが神戸から、舞鶴から結集しました。

本大会、経験がものを言うディベートにしては、beginner’s luckが起こりました。初心者で結成される否定側が勝利!そして、ベストディベーター賞は、高2の初心者Honokaさんが受賞されました。

ディベートは思考力・判断力・表現力、論理的批判的思考力、情報収集力、傾聴力、協調性を育成しますが、知力と集中力を要求するとてもしんどい競技です。大学入試や就活でも選考に使われます。でも、慣れてしまえば、経験値を簡単に挙げられる「おいしい」ゲームになります。

ディベーターの皆さん、3名のオーディエンスの皆さん。終日お疲れ様でした。次回のブログでは、ディベーター達の戦功を掲載しますね。

春霞塾では今年夏にも「夏の乱」を予定しています。人の話はじっくり聴くこと、意見は根拠を以て述べること、「ディベートの3つのing」を念頭に置きながら、自分のコミュニケーション能力を磨いていきましょう!