春霞塾 | 入試
87
archive,paged,category,category-entrance-exam,category-87,paged-5,category-paged-5,ajax_fade,page_not_loaded,,paspartu_enabled,qode-theme-ver-10.0.1,qode-theme-shunkajyuku,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.4,vc_responsive
 

入試

高校3年生の塾生が大阪市の釜が崎地区での炊き出しボランティアに参加しました。 釜が崎は以前は「日雇い労働者」の町でした。しかし、今や日本中で支援団体が密集して活動を続ける「福祉の町」と言われています。70年代の万博開催のためのインフラ整備を支えるため、全国から人が集まって労働力を提供しました。景気の調整弁です。 高度経済成長が終わったとき、家族から拒絶された人々、社会に適応できず自分に発達障害があることも気づかず人生を過ごして来た人々が、この町に留まりました。オトナはこの町について子どもたちに伝えません。巧妙に社会から隠された人たちとも言えます。

いつまでも消え方が衰えず、消し後も決して黒くならない「入試必勝消しゴム」があるのをご存じですか。PILOTのフォームイレーザー。Mサイズだと108円です。「軽く消せる、消しクズがまとまる」。春霞塾、数学講座担当の高倉篤志先生がこっそり教えてくれました。 量子物理学を京都大学大学院で研究している高倉先生は、塾長田村かすみの教え子です。中学1年生から高校1年生まで四年間、週三回授業で会い続けました。大阪桐蔭中学校でもトップクラスの成績を誇っていた高倉君ですが、ご多分に漏れず激しい中二病を体験しています。大阪桐蔭高等学校に彼が進級したとき、「田村には教わることなんかない」と背を向けられました。

ディベート大会「春霞の乱」終了しました。2018年春大会、今回の論題は「高校生の部活動を禁止する」。付帯文は「希望者については学校が紹介するクラブチームを紹介するものとする」としました。大学1年生、高校3年生、2年生の8人のディベーターが神戸から、舞鶴から結集しました。 本大会、経験がものを言うディベートにしては、beginner's luckが起こりました。初心者で結成される否定側が勝利!そして、ベストディベーター賞は、高2の初心者Honokaさんが受賞されました。

春霞塾はTOEFL ITPテストの公式受験会場です。11月のレベル2に続き、今回は大学の英語クラス分け等で利用されるレベル1に挑戦です。今週は高校2年生・3年生が挑戦しています。 3月26日大学入試センターは、以下の7テスト「ケンブリッジ英語検定」「実用英語技能検定(公開会場実施、1日完結型、英検CBTのみ)」「GTEC」「IELTS」「TEAP」「TOEFL」「TOEIC」を2020年度から始まる大学入学共通テストで活用できると認定しました。何と、中・高等学校で受験できる従来型の英検は認可されませんでした。この7つの英語検定は2020年4月に高校3年生になる生徒から活用できることとなり、高3の4月から12月までに2回まで受検できます。