春霞塾 | Blog.
15570
paged,page-template,page-template-blog-small-image,page-template-blog-small-image-php,page,page-id-15570,paged-21,page-paged-21,ajax_fade,page_not_loaded,,paspartu_enabled,qode-theme-ver-10.0.1,qode-theme-shunkajyuku,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.4,vc_responsive
 

Blog.


息子が「お母さん、相談がある」と尋ねました。「アオイが1歳になったから、早期英語学習をさせようかどうか迷っている。子どもは新しい言語を覚えるのがうまい。今だから始めておくべきじゃないかな。」 即断。「やめなさい」。 根拠があります。臨界期仮説というややこしい学説があります。小学校5年生くらいにその時期がやってくるというのが、外国人に日本語教師をしていた私の実感ですが、その時期を過ぎてしまうと、第2言語習得障害が急激に増すらしい。ほうほう、第2言語を学ぶのは困難になるのか。レネバーグという研究者が1967年に発表した古い学説です。ならば、英語を早期学習させるべきではないか。

株式会社ダンレイ 技術本部本部長 森上和久様より、開塾のご祝辞を頂きました。 森上さんは30年来の友人です。私が「はじき豆」というニックネームを持っていたお転婆な大学生だった頃をご存じで、人生の失敗も成長も、これまたよくご存じです。 塾をつくるためのコンセプト設定には、ずいぶんお知恵をお借りしました。1年半の準備期間を経て春霞塾を立ち上げることができたのは、森上さんが的確なアドバイスを下さったおかげです。   今日は春霞塾の開塾、本当におめでとうございます。田村さんの教育に対する強い思いで、とても素敵な雰囲気の塾、ご自身の才能を生かした教育をする塾がここに立ち上がりました。 さて、私は大学院を卒業後、ある家電メーカーに約35年勤めておりました。これまで、一貫して商品開発を中心に、また、事業の責任者、経営幹部を担当してまいりました。皆様もご存じのとおり、日本の家電業界は大きく様変わりし、従来と同じように継続しているのは2社になってしまいました。このような時代の流れ、そしてこれまでの会社生活で感じていることを元に、この塾に期待することを3点申し上げたいと思います。

□綿貫さんのこと 気がつけば、天台宗の開祖、最澄の言葉を思い出していました。 「一隅を照らす 是れすなわち国宝なり」 社会の一隅にいながら、社会を照らす生活をする。その人こそがなくてはならない国の宝であるという天台宗の教えの1つです。 ハンドメイドワンピース専門店wafuで麻のワンピースを注文した時、サイズが大きかったので返品をお願いすると、

□失敗し続ける女子  

振り返ると、失敗ばかりの社会人生活でした。

旧住友信託銀行の支店に大卒初の女子行員として入社した時、カウンター業務を覚え切る前に、「いったい、お金ってこの世にどのくらいあるんだろう。」と考え込むダメ行員でした。為替や手形、小切手の勉強をすると、どうしても気になるのです。そろばんはできないし、数字を使いこなすことができません。

日本語教師として小学校に勤務したときも、ダメでした。日本語を学ぶ子ども達が日本人の子どもと共に創るミュージカル創作の教育実践は、広島県教育賞と国際理解教育賞論文最優秀賞をいただきましたが、同僚は劇を一緒に創る私達に対して、職員会議で集中砲火を浴びせました。「あなた達には共感できません!」

髙田郁の『みをつくし料理帖』全10巻がアツい! このシリーズは2009年の第1作『八朔の雪』以来、2014年第10作『天の梯』にて完結した女性を主人公にした時代小説です。司書の先生、シナダさんに「田村先生、私は時代小説読まないんですけど、これはオススメです!私も叔母から紹介されました。みをつくし料理帖シリーズは最後までご期待を裏切りませんよ」と自信をもってご紹介されたシリーズです。  ざっと、ストーリーを紹介