春霞塾 | Blog.
15570
paged,page-template,page-template-blog-small-image,page-template-blog-small-image-php,page,page-id-15570,paged-10,page-paged-10,ajax_fade,page_not_loaded,,paspartu_enabled,qode-theme-ver-10.0.1,qode-theme-shunkajyuku,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.4,vc_responsive
 

Blog.


「私はアナウンサーになります!」伊藤友見さんは、中学3年生の夏にはすでに私にこう宣言していました。「将来はブライダルの司会をしたいんです。だから、テレビ局に入るんです。」 当時「友」は、スポーツばかりしていて、真っ黒に日焼けしていました。笑顔とフレンドリーなお人柄がとてもステキ。しかし、理科と数学が得意で成績優秀。負けずな嫌いな彼女、京都大学に入り、ご両親のようなエンジニアになった姿しか思い浮かびませんでした。

いつまでも消え方が衰えず、消し後も決して黒くならない「入試必勝消しゴム」があるのをご存じですか。PILOTのフォームイレーザー。Mサイズだと108円です。「軽く消せる、消しクズがまとまる」。春霞塾、数学講座担当の高倉篤志先生がこっそり教えてくれました。 量子物理学を京都大学大学院で研究している高倉先生は、塾長田村かすみの教え子です。中学1年生から高校1年生まで四年間、週三回授業で会い続けました。大阪桐蔭中学校でもトップクラスの成績を誇っていた高倉君ですが、ご多分に漏れず激しい中二病を体験しています。大阪桐蔭高等学校に彼が進級したとき、「田村には教わることなんかない」と背を向けられました。

立命館大学4年生のコンドウ ユウスケ君から合格体験記が届きました。 小学生から続けている野球に専念してきたため、私は3年生の夏インターンには参加していません。就職活動が解禁された3月、就職活動はどう動けば良いのかわからない状況でした。田村先生に出会い、先生に就活のイロハを教えてもらいました。 就活では自己分析が最も大切なことであると言われています。春霞塾では企業研究も同じくらい重要だということを学びました。その業界の仕組みや現状、今後の進展を徹底的に理解して、どのような人が求められているのかを一緒に考えました。徹底的に討論して、自分だけでは見えてなかった、自身の長所や企業の特性も見出してもらいました。

就活生、コンドウ君。6月3日に早々の内々定を頂きました。 第1志望の企業に請われ、求められて、早々に決定しました。内々定者の集いがこの一か月に2度もあり、既に同期とも顔合わせを済ませたそうです。 彼は小学生時代から野球一筋。甲子園に2回出場した経験もあります。私とコンドウ君は3月4日に始めてお会いし、ES提出の準備を共に進めてきました。

6月1日、就職活動は面接選考が始まります。5月1日時点の内定率は4割を超えており、売り手市場を背景に採用ルールは形骸化していると言われています。しかし、5,000人以上の大企業の大卒求人倍率は3年前の0.70倍から0.37倍に。つまり、実質競争率は高くなっているという調べがあります。実質の勝負はこれからなのです。 それでは、間近に迫った6月1日の面接に向けて、何を準備すべきなのでしょう。順に考えてみましょう。 想定質問を6つに絞り、300字の原稿を書く 全て1分以内で話せる量に絞りましょう。ここではエピソードは盛り込みません。必ず結論から話しましょう。面接段階の早い時期には、参加する学生も多いものです。練り上げた原稿で、面接官の印象を高めましょう。 以下の6つの質問に絞り込めば、想定問答としては完璧です。