春霞塾 | ツバメはフィリピンから渡る
16576
post-template-default,single,single-post,postid-16576,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,paspartu_enabled,qode-theme-ver-10.0.1,qode-theme-shunkajyuku,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.4,vc_responsive
 

ツバメはフィリピンから渡る

ツバメはフィリピンから渡る

毎月春霞塾の「看板娘」が黒板アートを描いてくれます。今月は麦とツバメ。今年度は鳥さんを登場させていきます。

「看板娘」Manamiは、それはそれはかわいらしい出で立ちで描きに来てくれるのです。1年間説得して顔出しを許可してもらい、やっと制作現場に潜入しました。

今月の塾の名前は中島講師の力作です!渾身の力を込めて、正しく美しく!気合い入っていますね。

ツバメは日本にいる昆虫を餌とするため、毎年5月になると日本に渡ってきます。営巣し、卵を産み、孵します。ツバメ達、生まれは日本でも、台湾でしばらく滞在し、フィリピンまで渡る行動範囲の広い育ちです。ヒトが決めた境界線をすいすい往来する鳥たち。

春霞塾の雛たちもどんどん育っています。あ、ついでにトマトも実をつけました。