春霞塾 | AO入試、志望理由書はこう書け!
16865
post-template-default,single,single-post,postid-16865,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,paspartu_enabled,qode-theme-ver-10.0.1,qode-theme-shunkajyuku,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.4,vc_responsive
 

AO入試、志望理由書はこう書け!

AO入試、志望理由書はこう書け!

AO入試の願書提出が近づいています。塾生はひたすら自分と向き合う夏を過ごしています。

志望理由書は3つの部分で構成されます。

人材としての価値を整理する
まずは、実績報告レポートから始めます。繰り返ししてしまう行為や考え方はありませんか。高校時代の経験を振り返り、自分の強みと課題を整理し直しましょう。それは自分との対話です。自分の弱さや失敗を正直に認め、愛してあげましょう。短所は弱点ではありません。視点を変えれば長所としてアピールできます。勇気を出して過去を思い出し、言葉にします。この「自分らしさ」を客観的につかみ、改善点を具体的に考えることができれば、短所は立派な「成長の鍵」となります。ここまではビフォー。大学の提示するアドミッション・ポリシーと、今の自分が合致していることを、しっかり確認して下さいね。

自分のゴールを定義する
次は、志望校や志望大学に行きたい理由、つまり自分が何を学びたいかをまとめることです。これはアフターに当たる部分です。
春霞塾では「自分はどんな人になりたいのか」を設定していただいています。気をつけなければならないのは、ここで設定するのは就きたい仕事ではなく、こんなことができる大人になりますというお約束。勉強ややりたい仕事は手段であり、目的ではありません。自分が憧れるかっこいい大人をしっかりイメージしましょう。

どうやって学ぶかを決める
最後に、大学でどんな生活をするのかを考えます。
大学の環境が第1の検討事項になります。異文化間の摩擦を乗り越える環境を用意している、語学学習の施設やシステムを整えている、専門分野を追究するするための教育内容を充実させているなど、大学は自分のウリを知っています。その環境が自分のゴール、なりたい姿になぜ必要かを考えて下さい。
第2の検討事項はカリキュラムやシラバスを研究します。どのようにあなたを育てるのか、大学案内パンフレットやホームページに記載してあります。大学で学ぶことの手段の全てがあります。誰と、どのように学ぶか。それもしっかり視野に入れて下さい。

上記のネタをたっぷり発散させましょう。志望理由書はこの発散こそが命。自分の過去と現在、未来との対話はとてもexcitingですよ。